平成29年度 社会医療法人 平成醫塾 苫小牧東病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - - - - 23 53 131 283 386 172
<定義>
・平成29年度(平成29年4月~平成30年3月)に、当院を退院された全ての病棟の患者さんを10歳刻みで集計しています。
(療養病棟および回復期リハビリ病棟に入院していた方で一般病棟に入院した期間がある患者さんも含んでいます。)
・年齢は、各病棟に入院された時点のものを使用しています。
退院患者さんの年齢構成を見ると、その病院の特徴をある程度知ることができます。
・0件から10件未満はハイフン(-)で表示しています。
<コメント>
当院は、一般病棟50床・緩和ケア病棟15床・回復期リハビリテーション病棟104床・療養病棟91床と、それぞれ機能の異なる病床を有しています。主に自宅復帰を目的とする脳血管疾患および運動器リハビリテーションを中心に、外来・入院・在宅において、地域ニーズに応えられる「急性期・亜急性期(回復期)・慢性期(生活期)・終末期における内科・リハビリテーション・緩和ケアの基幹病院」を目指して診療しています。 施設から入院される高齢の患者さんには呼吸器疾患(肺炎)の割合も高く、70歳以上の患者さんが全体の約80%を占めている中、特に80歳代の患者さんが最も多くなっています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx99xx0x 股関節大腿近位骨折 手術なし 副傷病なし 73 65.03 15.22 15.07 83.55 大腿骨頚部骨折手術後・地域連携診療計画書
010060x0990301 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 51 84.22 16.78 5.88 73.98 脳卒中・地域連携診療計画書
160650xx99x0xx コンパートメント症候群 手術なし 手術・処置等2なし 47 57.62 23.78 6.38 82.60
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 45 78.18 19.10 13.33 68.02
010060x0990311 脳梗塞(脳卒中発症4日目以降又は無症候性、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 37 82.89 19.61 5.41 75.95 脳卒中・地域連携診療計画書
<定義>
・DPC14桁分類(DPCコード)での症例数が多い上位5つの疾病について、それぞれの症例数、自院の平均在院日数、全国の平均在院日数、転院率、平均年齢、患者用パスの有無について集計しています。
・患者さん用のクリティカルパス(標準的な診療計画)の有無も表示しています。
・最終的な自院の退院をもって1件としています。
・ここでいう”転院”とは、最終的な退院先が転院のものを指します。

<コメント>
当院では、平成29年度実績で大腿骨近位骨折が73件と最も多く入院されています。
症例件数では脳血管疾患でみますと非外傷性頭蓋内血腫と脳梗塞で133件となっております。
大部分の大腿骨近位骨折、脳血管疾患(非外傷性頭蓋内血腫・脳梗塞)の患者さんには回復期リハビリテーション病棟へ移っていただき、
理学・作業・言語療法を実施しているため、全国平均よりも入院期間が長くなっております。
回復期リハビリテーション病棟の自宅復帰率は、70%以上を維持しています。
また、コンパーメント症候群(廃用症候群)の患者さんも全国平均よりも入院期間が長くなっており、高齢化に伴い治療期間が長くなる傾向にあります。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - - -
大腸癌 - - - - - - - -
乳癌 - - - - - - - -
肺癌 - - - - - - - -
肝癌 - - - - - - - -
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
<定義>
・件数は延患者数です。
・初発例としてカウントした患者さんは再発例にカウントしていません。
・UICC TNM分類は第7版を使用しています。
5大癌について初発患者さんはUICCのTNMから示される病期分類による退院患者数を、再発患者さん(再発部位によらない)
は期間内の延患者数としています。
・0件から10件未満はハイフン(-)で表示しています。

UICC TNM分類とは・・・・
がんの進行度を判定する基準として国際的に活用されている国際対がん連合(UICC)採用のがんの分類方法をいいます。
28部位ごとに各種の検査結果から原発がんの大きさ、広がり、深さをT、原発がんの所属リンパ節転移の状況をN、他の臓器への遠隔転移状況をMとして、区分し、それらを総合して病期(ステージ)を判定しています。

<コメント>
当院では多くの患者さんが近隣の急性期病院より紹介入院となり、緩和ケア病棟で
終末期医療で過ごされます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 31 33.39 82.00
重症 - - -
超重症 - - -
不明 - - -
<定義>
・市中肺炎とは、普段の生活の中で罹患された肺炎を指します。
・20歳以上の肺炎患者さんについて、重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計しています。
・対象は入院のきっかけとなった傷病名および最も医療資源を投入した傷病名が肺炎、急性気管支炎、 急性細気管支炎で、その中でもICD10コードがJ13~J18で始まるものです。
ウィルス性肺炎、誤嚥性肺炎、インフルエンザ等は除かれます。
・一連の入院を1件として集計しています。
・重症度は、市中肺炎ガイドラインによる重症度分類システム(A-DROPシステム)(※)により分類しています。
・0件から10件未満はハイフン(-)で表示しています。

※ 肺炎の重症度分類(A-DROPシステム)
 ・下記の項目に該当する場合、それぞれ1ポイントとしてカウントします。
 1. 男性70歳以上、女性75歳以上
 2. BUN21mg/dL以上または脱水あり
 3. Spo2 90%以上(PaO2 60Torr以下)
 4. 意識障害
 5. 血圧(収縮期)90mmHg以下

・上記 1~5までの項目をカウントして、該当する数により重症度が算出されます。
  軽症       ・・・   0項目
  中等症      ・・・   1~2項目
  重症       ・・・   3項目
  超重症     ・・・   4項目以上 
  不明       ・・・   重症度分類の各因子が1つでも不明な場合

<コメント>
当院では、肺炎の患者さんにおいても平均年齢が75歳以上と高齢の方が多いため、治療期間が伸び、平均在院日数も長くなっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 17 225.53 78.47 0.43
その他 214 80.80 77.04 10.82
<定義>
・最も医療資源を投入した傷病名の脳梗塞ICD10で集計したものです。
・院内発症の脳梗塞における発症日を開始日としています。
・発症日3日以内とその他に分けて患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を表しています。

<コメント>
当院では、脳卒中地域連携パスを整備しており、地域の急性期病院・居宅系施設など連携体制を整え、日常生活機能の改善や自宅退院を進めております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 26 57.04 274.62 38.46 79.31
K386 気管切開術 5 343.80 228.00 0.00 75.80
K597-2 ペースメーカー交換術 3 1.00 7.00 0.00 87.00
- - - - - - -
- - - - - - -
<定義>
・手術件数の多い順の5症例について、術前日数、術後日数、転院率、平均年齢、患者さん用パスを集計したものです。
・輸血や縫合など軽微な手術は除いています。
・0件から10件未満はハイフン(-)で表示しています。

<コメント>
胃瘻造設術(内視鏡を使っておなかに小さな口を造る手術)が一番多く、脳血管疾患による嚥下障害(食べ物を上手く飲み込めない)の患者さんに実施しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
<定義>
・臨床上ゼロにはなり得ないものの、医療の質の改善のため、少しでも改善すべき病名での症例数と発生率です。
・最も医療資源を投入した傷病名が、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症 について患者数をカウントしています。
・1入院ごとに1件として集計しています。
・入院契機病名の区分は以下の通りです。
「同一」 ・・・入院契機病名が最も医療資源を投入した傷病名と同じもの。
「異なる」・・・入院契機病名が最も医療資源を投入した傷病名と異なるもの。
・発生率は、 それぞれの患者数 ÷ 総患者数 × 100 で算出しています。
・0件から10件未満はハイフン(-)で表示しています。
更新履歴
2018.9.27
平成29年度実績データから(平成29年4月~平成30年3月)