トップページ > 病院のご案内 > ご挨拶
橋本洋一

医療法人社団 平成醫塾
苫小牧東病院
理事長・院長
橋 本 洋 一

 当院は、平成元年10月、北海道苫小牧市の東部住宅街に産声をあげた、急性期、亜急性期、慢性期が共存する6病棟260床の内科・リハビリテーション病院です。医療の質とサービスの向上を目指し、平成16年11月には、(財)日本医療機能評価機構の病院機能評価をver.4.0で新規認定を受け(22年4月にver.6.0に更新)、平成20年12月にはISO9001:2000の認証を取得(22年1月に2008に改訂)しました。
 6つの病棟は、一般(急性期)病棟・回復期リハビリテーション病棟・緩和ケア病棟・医療療養病棟と、それぞれ異なった機能を有し、患者さんの病態に適応した治療が提供できるように編成しています。
 特に、回復期リハビリテーション病棟は、平成12年12月、道内第1号の認定を受け、平成18年1月には、リハビリテーション付加機能評価の認定を全国第7号、道内第2号で受けるなど、地域リハビリテーションの拠点を目指し、充実を図っています。
 一般病棟では、超音波診断装置をはじめとしてMRI(1.5T)・マルチスライスCT、2ヘッドガンマカメラといった最新の検査機器を配置しているほか、北大ベンチャー企業『(株)メディカルイメージラボ』の画像ネットワークシステムによる高精度な画像診断、薬剤師による入院患者さんの薬剤管理、服薬指導、無菌製剤室(クリーンルーム)での注射薬混合業務などを実施しています。
 平成26年10月に東胆振と日高地域で初めての緩和ケア病棟を開設。主にがんの痛みや不眠、心の辛さなどが少しでも緩和されることを目的としています。
 また、電子カルテ、オーダリング、看護支援システムを外来および全病棟で導入し、質の高い医療の提供とサービスの向上に取り組んでいます。
 在宅分野でも、苫小牧市三光地域包括支援センターの運営をはじめ、訪問診療・訪問看護・訪問リハビリを展開し、また、地域における役割を果たすため、地域医療部が核となって、急性期病院・慢性期病院・診療所・介護保険施設・福祉施設・行政等との緊密な連携を心掛けています。
 当院の基本方針にある、「患者さんの権利を尊重し、今後も地域社会に支持され続ける病院」を目指し、日々努力してまいりますので、どうぞよろしくお願いします。

ページ上部へ