トップページ > 入院のご案内 > 入院中の生活

食 事


入 浴


外出・外泊


電 話


歯科・理容


消灯時間


病棟・病室移動


災害時、緊急時の避難


その他


院内施設

売  店

東棟1階ロビーにあります。

営業時間



月〜金曜日 ……午前9時〜午後5時30分
土曜日………… 午前9時〜午後4時
日・祝日 ………午前10時〜午後4時

デイルーム

各病棟にあります。気分転換、面会等にご利用ください。テレビを設置していますので、公衆マナーを守り、お楽しみください。

公衆電話

東棟1階、南棟1階および東3病棟、南2・3・4病棟にあります。

談 話 室

東棟4階に談話室があります。

家 族 室

東棟3階に家族室があります。(ご利用の際は、スタッフステーションにお申し出ください。)

テ レ ビ

病室の床頭台にカード式テレビを設置していますので、ご利用ください。
(1枚・971分<16時間18分>・1,000円)

冷 蔵 庫

病室の床頭台に備え付けてあります。(1日・100円)

洗濯・乾燥室

各病棟にカード式のランドリーを設置しています。
使用時間:午前6時〜午後8時(洗濯機・1回100円、乾燥機・1回200円)

※テレビ・冷蔵庫・洗濯機・乾燥機は共通のカードでご利用になれます。カードの自動 販売機は、各デイルームにあります。(1枚・1,000円〈税込〉)
※退院時等にカードに残金がある場合、東2療養病棟デイルームの精算機で残金をお返しします。尚、精算手数料が1回につき100円かかります。

郵便ポスト

東棟1階正面玄関横に設置していますので、ご利用ください。


看  護

当院は基準看護を実施しておりますので、ご家族の付添いの心配はございません。「施設基準について」をご覧ください。


医療相談

当院では、適切に医療を受け、安心して療養生活を送っていただけるように、医療ソーシャルワーカーが、保健・医療の現場における社会福祉の専門職として、患者さんやご家族と一緒に考え、お力になれるようご相談をお受けしております。
医療相談室は、南棟1階にございます。

秘密は厳守します。どうぞお気軽にお声をかけてください。


安心して入院生活を送っていただくために

医療事故防止対策について

当院では、医療事故防止の一環として、患者さんにご協力をいただき、下記の対策を行っております。ご不便やわずらわしさ、違和感を持たれることもあるかは思いますが、ご協力をお願いします。


当院入院中に他院の外来を受診することについて

なお、当院の主治医が、他院での受診が必要と判断した場合、

  1. 入院中であることを、当院からの説明文書で他院へお知らせが必要です。
  2. 当院の主治医の診療情報提供書が必要です。
  3. 他院で薬の処方があった際、処方を受ける院外薬局へ当院から説明文書が必要です。

以上の通り、諸手続きが必要ですので、必ず病棟看護師とご相談いただきますようお願いします。


迷惑行為などにより、退院をお願いする場合がございます

強制退院について

当院では、以下のような迷惑行為等があった際、患者さん、ご家族の意思に関わらず、強制的に退院していただく場合が
ございます。
患者さん、ご家族、職員の安全を守り、診療を円滑に行うと共に、最善の医療を提供するためにも、ご協力をお願いします。

  1. 他の患者さんや職員に暴力(セクハラ等の行為を含む)を振るった場合、もしくはその恐れが強い場合
  2. 暴言、威嚇、脅迫などの言動、または喧騒にわたる行為により、職員の業務を妨げたり、他の患者さんに迷惑をかけた場合、および扇動的言葉、行動を行った場合
  3. 他の患者さんの医療機器、センサー、転倒・転落・異常移動防止用具等の取り外し、設定変更等を行った場合
  4. 不合理な要求を繰り返し行い、職員の業務を妨げた場合
  5. 医療機器、建物設備、備品等を故意に汚損し、または破損した場合
  6. 覚醒剤などの禁制品やガソリンなどの危険な物品、タバコやライターを院内に持ち込んだ場合
  7. 院内における窃盗、またはその未遂行為をした場合
  8. 「患者さんの義務」に従わず、診療に支障をきたした場合

必要に応じて、苫小牧警察署(電話35-0110)に連絡して、対応を一任する場合がございます。

ページ上部へ