トップページ > リハビリテーション > 当院のリハビリテーション

理学療法とは

特に身体に障害のある患者さんに対し、寝返り・起き上がり・歩くといった基本動作能力の回復や障害悪化の予防を目指します。

作業療法とは

多くの可能性をもつ1人ひとりに作業活動を用いて、その能力を最大限に引き出しながら、その人らしい生活を獲得できることを目指します。

言語聴覚療法とは

言葉の障害に対して必要な練習を行い、有効なコミュニケーション手段の獲得を目指します。また、食べ物がうまく飲み込めないなどの嚥下障害についても練習します。

心理療法とは

病気によって色々な悩み・不安を抱えている方を対象にカウンセリングを通してその人が持つ「思い」を共にしていくことを目指します。


病棟訓練

理学療法士・作業療法士は、実際の生活の場で日常生活練習を行ないます。家庭での生活に近似した場面を設定して行ないます。また、実際の病棟生活でも定着できるよう看護師への申し送りをいたします。

回復期リハビリテーション

日常生活能力の向上による寝たきりの予防と家庭復帰を目的としております。そのためのリハビリプログラムを医師・看護師・理学療法士・作業療法士等が共同して作成し、これに基づくリハビリを集中的に行います。

(詳細は回復リハビリテーションをご参照ください)

生活期リハビリテーション

現状の身体機能、日常生活能力の維持を目的に、必要に応じてリハビリを行い、安定した生活を継続できるように支援します。

家庭訪問

在宅生活に向けて、入院後できるだけ早い時期 にリハビリスタッフや看護師、ケースワーカーが自宅を訪問し、家屋内の環境や実際の動作の確認、介護指導などを行ないます。これを日頃のリハビリに反映させることで、より具体的な練習が可能となります。必要があれば家屋改修や福祉用具の提案をします。

カンファレンス

医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・栄養士が患者さん1人につき毎月1回集まり話し合います。また、病棟スタッフとのミニカンファレンスは毎日行ない、情報を共有し連帯を高めています。
各部門が専門的な立場から現状をまとめ全員が全体像を把握した上で退院後の生活の在り方や、今後の見通しを検討しチームとしての共通の目標を立てます。


外来リハビリテーション

在宅生活でのADL(日常生活動作)の維持・向上を目的に、より具体的な日常生活訓練を行い、自宅でもできる生活、運動指導を行います。

 

訪問リハビリテーション

 通院が難しい利用者さん、自宅での訓練が有効と思われる利用者さんのご自宅に訪問して行うリハビリテーションです。

(詳細は訪問リハビリテーションをご参照ください)

 

ページ上部へ