リクルート

職員募集要項

広く全国より職員を募集しています。 自然と工業の調和する北海道、苫小牧市で働いてみませんか。

※施設見学等は事前に連絡を頂ければ随時可能です。 ※学会・技術講習会等の参加を奨励しています。

常勤医師

職務内容 一般内科、リハビリテーション科、消化器内科、循環器内科、呼吸器内科、放射線科、緩和ケア科
年齢 60歳位まで
給与 年棒制
勤務時間 月~金 午前8時30分 ~ 午後5時20分(休憩60分)
夜間当直 有(週1回程度)
休日 土曜日・日曜日・祝祭日・年末年始
有給休暇 10日(夏期休暇7日含む)
加入保険 健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険
福利厚生 24時間保育施設・親睦会・クラブ活動・保養宿泊施設・札幌ドームファイターズ観戦(シーズンシート)など
退職金 あり
学会出席 可能(出席費用 当院旅費規程により支給)
赴任手当
問い合わせ先 メールにて、以下の項目を記載の上、お問い合わせください。 (1)氏名 (2)生年月日(年齢) (3)性別 (4)住所 (5)電話番号 (6)メールアドレス (7)応募職種 (8)保有免許・資格 (9)その他、ご質問など
heiseiizyuku@tomahigashihsp.or.jp

看護師

職務内容 病棟業務、外来業務、訪問看護等
勤務時間 病棟 2交代制
日勤 午前 8 時 30 分 ~ 午後 5 時 20 分(休憩 60 分)
夜勤 午後 4 時 30 分 ~ 翌 午前 9 時 20 分(休憩 70 分)
外来 月~金曜 午前 8 時 30 分 ~ 午後 5 時 20 分 (休憩 60 分)
土曜 午前 8 時 30 分 ~ 12 時 25 分
休日・休暇 病棟 1カ月あたり9日、年末年始 外来 土曜日(月3~4回)・日曜日・祝祭日・年末年始 年次有給休暇・慶弔休暇・産前産後休暇・育児休業・介護休業
給与 経験年数等により異なりますのでお問い合わせください。
昇給・賞与 昇給年1回(4月)・賞与年2回(6月、12月)・燃料手当
退職金 あり(勤続満3年以上対象)
加入保険 健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険
福利厚生 24時間保育施設・親睦会・クラブ活動・保養宿泊施設・札幌ドームファイターズ観戦(シーズンシート)など
制服 ユニフォーム・ナースシューズは支給します。 (ナースシューズは1足目のみ)
問い合わせ先 メールにて、以下の項目を記載の上、お問い合わせください。 (1)氏名 (2)生年月日(年齢) (3)性別 (4)住所 (5)電話番号 (6)メールアドレス (7)応募職種 (8)保有免許・資格 (9)その他、ご質問など
heiseiizyuku@tomahigashihsp.or.jp

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士

職務内容 回復期にある患者さんへのリハ業務、訪問リハビリ等の在宅リハ業務
年齢 35歳位まで
勤務時間 月~日 8 時 30 分 ~ 午後 5 時 20分 (休憩 60 分)
休日・休暇 1カ月あたり9日、年末年始 年次有給休暇・慶弔休暇・産前産後休暇・育児休暇・介護休暇
給与 経験年数等により異なりますのでお問い合わせください。
昇給・賞与 昇給年1回(4月)・賞与年2回(6月、12月)・燃料手当
退職金 あり(勤続満3年以上対象)
加入保険 健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険
福利厚生 24時間保育施設・親睦会・クラブ活動・保養宿泊施設・札幌ドームファイターズ観戦(シーズンシート)など
問い合わせ先 メールにて、以下の項目を記載の上、お問い合わせください。 (1)氏名 (2)生年月日(年齢) (3)性別 (4)住所 (5)電話番号 (6)メールアドレス (7)応募職種 (8)保有免許・資格 (9)その他、ご質問など
heiseiizyuku@tomahigashihsp.or.jp

薬剤師

職務内容 病棟業務(薬剤指導など)、調剤業務
年齢 45歳位まで
勤務時間 月~金 午前 8 時 30 分~ 午後 5 時 20 分 (休憩 60 分)
午前 8 時 30 分 ~ 12 時 25 分
休日・休暇 土曜日(月3~4回)・日曜日・祝祭日・年末年始 年次有給休暇・慶弔休暇・産前産後休暇・育児休暇・介護休暇
給与 経験年数等により異なりますのでお問い合わせください。
昇給・賞与 昇給年1回(4月)・賞与年2回(6月、12月)・燃料手当
退職金 あり(勤続満3年以上対象)
加入保険 健康保険、雇用保険、労災保険、厚生年金保険
福利厚生 24時間保育施設・親睦会・クラブ活動・保養宿泊施設・札幌ドームファイターズ観戦(シーズンシート)など
問い合わせ先 メールにて、以下の項目を記載の上、お問い合わせください。 (1)氏名 (2)生年月日(年齢) (3)性別 (4)住所 (5)電話番号 (6)メールアドレス (7)応募職種 (8)保有免許・資格 (9)その他、ご質問など
heiseiizyuku@tomahigashihsp.or.jp

閉じる

部署紹介 【診療部 医局】

医局長ご挨拶

周囲の意見を聞き、患者さんの立場に立った診療を提供します

医局長
牧野 茂

医局は常勤医9名、非常勤医4名で構成されています。各医師がそれぞれの専門分野を活かしながらも、高齢化で多様な疾患を抱える患者さんに対して総合的な診療を行えるよう取り組んでいます。


自分が医療人として大切にしていることは、自分が患者さん本人やご家族だったら、どういう治療を望むだろうか?と、相手の立場に立って考えることです。その甲斐あって、ご本人やご家族に安心していただけたと感じ取れた時は、医師として一番のやりがいであるように感じます。
もう一つ気を付けていることは、独善的にならないこと。積極的に周囲の意見を取り入れて業務に当たりたいということです。周りには幸い頼りになる諸先輩方がいらっしゃいますから、公私ともどもご指導をいただいています。
当院は院外からさまざまなご期待をいただく組織になってきています。期待される医療の提供、一番は地域の皆さんにより安心して治療していただけるような診療を提供していくことが、医局の使命であると考え、今後も励んでいきたいと思います。

医師紹介

時に明るく笑い合い、時に厳しい表情を見せながら、チーム医療の軸として診療体制を築いています。


  • 理事長・院長
    橋本洋一

    【担当】内科/リハビリテーション科
    リハビリテーション専門医・指導医、糖尿病専門医、日本老年医学会老年病専門医、日本脳卒中学会専門医、リウマチ専門医

  • 常務理事・副院長
    船木上総

    【担当】内科/リハビリテーション科

    リハビリテーション認定臨床医、日本医師会認定健康スポーツ医、北海道警察山岳遭難救助アドバイザー

 


  • 理事・医局長
    牧野 茂

    【担当】内科/リハビリテーション科
    リハビリテーション専門医

  • 顧問・緩和医療統括部長
    浅野 真

    【担当】内科/緩和ケア内科/ペインクリニック内科/麻酔科
    ペインクリニック専門医、日本緩和医療学会緩和医療認定医、ICLSコースディレクター

 


  • 顧問
    岡部實裕

    【担当】内科/リハビリテーション科

  • 整形外科部長
    菊地芳彦

    【担当】内科
    整形外科専門医

 


  • 常勤医師
    今澤雅子

    【担当】内科
    消化器内視鏡専門医、消化器病専門医、内科専門医、がん治療認定医

  • 常勤医師
    北岡憲一

    【担当】内科/リハビリテーション科

 


  • 常勤医師
    濱田耕司

    【担当】内科
    認定内科医

  • 非常勤医師
    田村正吾

    【担当】内科/整形外科/リハビリテーション科

 

非常勤医師 生駒一憲
【担当】リハビリテーション科/北海道大学病院リハビリテーション科教授
リハビリテーション専門医・指導医

非常勤医師 三宅直樹
【担当】内科

非常勤医師 大坪優介
【担当】内科/リハビリテーション科 リハビリテーション専門医

閉じる

部署紹介 【看護部】

看護部長ご挨拶

_MG_2809-2

看護部長 秋山悦子

少子高齢化、多死社会を迎えようとしている今、地域住民が幸せに暮らしていけるよう、当院が果たさなければならない役割はとても大きいと考えます。 急性期、回復期リハビリ、療養、緩和ケア、あらゆる場面で患者さん・御家族に寄り添い、支えていくことを目指します。 そのために看護師、介護職員一人一人の個性を大事にし、謙虚でひたむきに、持てる力を充分発揮し、地域で活躍できるよう育成していきたいと考えています。

理念
私たちは看護・介護を通じて地域に貢献します。 私たちは患者さん1人1人を大切にする看護・介護に努めます。 私たちは専門性の向上に努め、信頼される看護・介護を目指します。
各部署紹介 〜各部署の看護
●外来
  • img03
  • img04
外来は内科・リハビリテーションを中心に診療を行っています。 私たちは、患者さんとご家族の方の不安が少しでも軽減し、安心して診療を受けることができるよう、患者さまの気持ちに寄り添える看護・ケアを目指しています。 さわやかな挨拶と笑顔での対応を心がけ、スタッフも元気いっぱいです。また、患者さんの状況の多様化や在宅療養支援が求められるようになっており、必要時には院内・院外の他職種とも連携をとり、地域と病院をつなぐ外来看護を目指しています。 専門外来についてはこちら
●一般病棟
東3病棟では、疾患を抱える患者さんやリハビリを必要とする患者さんが多く入院しています。 患者さんの多くは70歳以上の高齢者が多いですが、消化管の精査やリウマチ治療なども行っています。 外来から入院、地域までの継続した医療・看護を目指し、多職種と連携し患者さん・家族に寄り添える医療・看護を提供していきます。
●回復期リハビリテーション病棟
回復期リハビリテーション病棟では、脳卒中や大腿骨骨折治療後の患者さんが多く入院されています。患者さんの機能回復や日常生活で必要な動作の改善を図り、安心して自分らしい生活を取り戻せるよう他職種と連携を取りサポートしています。 回復期リハビリテーション病棟についてはこちら
●療養病棟
東2・南2病棟は、医療療養病棟で医療が必要な患者さんが入院しています。例えば、呼吸器が装着された患者さんや酸素吸入が必要な患者さん、24時間点滴治療が必要な患者さんや他の病棟で次の病院や施設の待機をしている患者さんも多くはないですが受け入れています。
●緩和ケア病棟
  • img03
  • img04
緩和ケア病棟は、がんとがん治療に伴う身体的な痛みや息苦しさ、吐き気や倦怠感、不眠などの症状を緩和し、本人・家族の希望に寄り添い支えていく取り組みを医療チームで実践している病棟です。 本人が一番苦しんでいることに焦点を当て手厚くサポートしていきます。 緩和ケア病棟についてはこちら
教育体制
病院、看護部理念に基づいて「一人ひとりの個別性を大切にした看護・介護」「地域に安心と安全を提供できる看護・介護」を提供できるように支援します。 みんなで育てることを基本として共に学び成長していくことを目指しています。
■看護
●新人教育 入職後約1ヵ月程度の研修期間を持って新人看護職員研修ガイドライン及び社会人基礎能力を養うことを目的としたプログラムを作成して集合研修・シミュレーション研修を行います。 その後は、3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月でフォローアップ研修を行い新人同士で「支え合う」場としています。
●中途採用者サポート研修 中途採用者のニーズに合わせて、入職時には臨床工学士から「医療機器の操作について」「電子カルテの操作について」「ローテーション研修」を行います。 また、3ヵ月、6ヵ月でフォローアップ研修を行い、中途採用者同士の交流の場として、日々の思いを語り合う場としています。
●救急対応研修 麻酔医浅野医師を講師として、院内のインストラクターが中心となり、主に看護師を対象に救急対応研修を定期的に開催しています。 実際の現場でも、落ち着いて的確に行動ができる看護師を増やしていくため、BLS AED バッグバルブマスク人工呼吸 除細動 気管挿管等、院内で起こりうる状況を想定した、緊張感ある実戦さながらの研修の場となっています。
            
■介護
 高校を卒業した新卒者を対象とした「介護アカデミー」で、入職後約1ヶ月間程度、介護に携わるために最低限必要とする知識・技術と高齢者の特徴を学びます。 また、コミュニケ-ションスキルをはじめとした社会人基礎力を養います。 職場環境に慣れることを目的としてローテーション研修を行い、安心して介護に関われるように支援します。 中途採用者に関しても、ニーズに応じて技術研修を行います。新人・中途採用者共に3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月でフォローアップ研修を行い「支え合う」場としています。
新入職員からのメッセージ
看護師 佐藤美幸
私は4月から、看護師として東3病棟で働いています。 東3病棟は急性期から慢性期、回復期、ターミナル期など様々な病期の患者さんがいます。それぞれの病期にいる患者さんに合わせて看護を行っていくことはやりがいでもありますが、より良い看護を提供していく上で不安なこともあります。東病院では、自分のペースに合わせてプリセプターさんが丁寧に指導してくださり、充実した研修に参加することができるため、一つ一つ着実にステップアップしていくことができます。 患者さんの変化に気付き、その方の持つ力に着目して安全な看護を提供できるようにこれからも頑張っていきたいです。
介護職員 和泉光藍
全く知識のない所からのスタートでしたが、手浴・足浴から始まりベッドから車椅子への移乗やおむつ交換など1ヶ月間しっかり研修を行って頂き、少し知識を身に着けることができました。また、全部署1日体験もあり、それぞれの部署で特徴が違うことも勉強しました。 入職して半年になりますが、患者さんがお亡くなりになり辛いこともありますが、患者さんと話たり、ケアをすることで患者さんの笑顔やお礼を言われるととても嬉しくやりがいのある仕事だと思っています。

閉じる

部署紹介 【診療技術部 薬剤科】

診療技術部 薬剤科

適切な薬物治療の実施、薬の副作用から患者さんを守ること、それは薬剤師の責任です。その責任を全員で大切に持ち、調剤の安全性はもちろん、カルテ画面や服薬指導時の患者さんの情報、副作用の早期発見、相互作用チェックなどに力を入れています。事故があってはいけない職場ですから、指さし、声出しでの確認は必須としています。 また、医薬品の専門家としてのスキルアップを常に志し、薬剤師の研修の強化に当たっています。それが医療の質の担保につながると思っています。 一方で、何よりも重要な薬剤師の使命、それは患者さんの薬についての不安を受け止めることです。スキルアップはそのためのものでもあります。加えて患者さんやそのご家族にとって何でも相談しやすい、温かみのある人間でなければいけないと思っています。「人に優しく、くすりに詳しく」の目標を胸に、患者さんから顔の見える薬剤師でありたいと思います。

理想は知識とスキル、温かいハートを持つ「顔の見える薬剤師」です。

閉じる

部署紹介 【診療技術部 検査科】

診療技術部 検査科

検査科は、診療放射線技師、臨床検査技師、臨床工学技士、看護師、クラークといった、異なる資格者で構成されたチームです。人数は9人と少数ですが、皆がそれぞれの業務に長年精通したベテランばかりなので、いわば「精鋭スペシャリスト集団」というところでしょうか。ある程度のことは個人個人で判断できるので、効率的に動けていると思います。 検査は複数の種類を続けて行うことが多く、従って技師同士のコミュニケーションを密に取ることが必須です。その時にも、専門家の立場から意見を言い合うことができ、さらには細部にわたる説明はあまり必要ないため、コミュニケーションが取りやすいのも強みだと思っています。 画像診断の質は年々目覚ましく進歩しています。新たな検査技術を理解し、検査データ精度のレベルアップのためにも、日々の勉学は欠かせないものです。また、患者さんの安全確保、そして不快感のないスムーズな検査が理想ですから、患者負担軽減に向けた手技の改善にも全員で取り組んでいきたいと思います。

  • ▲内視鏡検査
  • ▲嚥下検査

閉じる

部署紹介 【診療技術部 栄養科】

診療技術部 栄養科

食べる事は健康の為だけではなく、楽しみ、喜びなどさまざまな役割があります。私達はその“食”を支えています。 入院患者さん、ひとり一人に合わせた食事提供を、委託提携企業と協力して行っております。患者さん、ご家族は色々な思いを持って病院へ来られます。少しでも支えになるような心配りができる部署を目指し、「笑顔」「感謝」を忘れずに日々取り組んでいます。

外来栄養指導
診察の時、“食事に気をつけましょう”と言われたけれど、どうしたらいいの? 当院では外来で、栄養指導を行っています。ご希望される方、外来にて医師・看護師へお申し出ください。

指導時間 月~金曜日 午前9時~午後4時  (土日曜日、祝祭日、年末年始はお休みとなります)

入院栄養指導
img02
患者さんの疾患に合わせた栄養指導を行います。退院してから心配なことなどありましたら、医師・看護師・管理栄養士へお申し出ください。

指導時間 月~金曜日 午前9時~午後5時  (土日曜日、祝祭日、年末年始はお休みとなります)

外来・入院栄養指導内容
糖尿病、高血圧症、脂質異常症、肥満症、腎臓病、胃潰瘍など

閉じる

部署紹介 【リハビリテーション部】

部署紹介 【地域医療部】

■地域連携室

詳細は、「地域連携室」のページをご覧ください。

■苫小牧市明野地域包括支援センター(とまほっと)

詳細は、「とまほっと」のページをご覧ください。

閉じる

ペンギン保育園(企業主導型保育園)

2019年4月1日に保育園を新築しました。 安心して育児との両立ができるよう、24時間保育体制の保育施設を完備し、就業をサポートしています。

閉じる

福利厚生

スポーツクラブJOYFIT(法人会員)

札幌交響楽団(ブロンズ会員)

プロ野球観戦 SEASON SEAT

リゾートマンション洞爺湖カトレア(保養施設)

ノーザンホースパーク 職員優待

市内指定飲食店 割引優待

提携宿泊施設 割引優待

日本旅行 特別優待

職員治療費補助制度

メンタルヘルスサポート制度

ガソリン・灯油 職員優待

マイカー整備 職員優待

各種部活動(職員親睦会) ・野球部 ・ミニバレーボール部 ・ボーリング部 ・ゴルフ部 ・バトミントン部 ・フットサル部 ・レザークラフト部

各種イベント ・ビールパーティー(7月) ・忘年会(12月) ・周年記念祝賀会(5年毎)

閉じる

ページトップへ