入院・リハビリテーションのご案内

入院・退院の手続き

ページ内メニューを選択

入院のご案内

当院に入院される患者さんは、この「入院のご案内」­­に記載されている入院規則を守り、医師・ 看護師等の指示に従って療養に努めてください。 私達は、患者さんが入院されている間、できるだけご不自由・ご不便をおかけしないようお手伝 いさせていただきます。ご不明な点がございましたら、医師・看護師・医療ソーシャルワーカー 等の職員に、どうぞお気軽にお声をかけてください。

入院手続きに必要な物

  • img01

    保険証
    健康保険証、各種受給者証
    (介護保険証等)

  • img02

    紹介状等
    (診療情報提供書・入院要否意見書・退院証明書)

  • img03

    診察券
    (当院外来を受診したことのある方)

入院手続き

1.­入院当日、東棟1階の受付窓口で入院手続きをしていただきます。

2.­­健康保険証、各種受給者証、および診療情報提供書・入院要否意見書(生活保護で入院され る方) ・退院証明書、診察券(当院外来を受診したことのある方)を受付窓口にご提出ください。

3.「入院申込書」、「入院時における確認事項について」にご記入の上、入院時に(遅くとも1週 間以内に)受付窓口へ必ずご提出をお願いします。入院されるご本人と緊急連絡先の方、連帯保証人のご記入が必要です。 ※救急入院された方も、その後必ず所定の手続きをおすませください。

お願い

・身の廻り品は最小限とし、常時必要としない物は持ち込まないよう、ご協力をお願いします。
・所持品には紛失防止のため必ず名前をお付けください。また、所持品および携行品(眼鏡、 入歯、補聴器等)の申し出を病棟職員にしてください。
貴重品(現金、実印、預金通帳、指輪等の宝飾品等)は、お持ちにならないでください。
・所持品および携行品については、自己責任で管理してください。
所持品および携行品の紛失や破損について、当院は一切の責任を負いません。
・医療機関をねらった盗難が多発しております。所持品および携行品は自己管理の上、十分ご 注意くださいますようお願いします。
・院内には、事故・感染防止の観点から、果物ナイフ・はさみ・裁縫用の針・T字カミソリ・つ め切り等鋭利な物、陶製の湯のみ等割れ物やライター等火気を発生する物、生花(鉢植え、 花束等)を持ち込まないよう、ご協力をお願いします。なお、果物ナイフやはさみ等必要な物 がございましたら、スタッフステーションまでお申し出ください。
・当院における写真・ビデオ撮影および録音はご遠慮ください。
・当院では病院職員へのお心遣い、贈物は固くご辞退申し上げておりますので、ご協力ください。

入院生活に必要な物

当院では、下記「入院セット・オムツセットのご案内」のレンタルセットをおすすめしています。

  • img04

    寝具、ねまき

  • img05

    紙オムツ

  • img06

    タオル類

  • img07

    シャンプー、石けん

  • img08

    コップ・歯ブラシ、歯みがき

  • img09

    電気カミソリ

  • img10

    コップまたは吸いのみ
    (プラスチック製等 割れにくい物)

  • img11

    ティッシュペーパー

  • img12

    運動靴
    (医師の許可がおりた場合はスリッパでも可)

入院セット・オムツセットのご案内

●入院セット(480円/日額税込)

入院時に必要な物をお好みに合わせてご利用いただけるレンタルセットです。

バスタオル、フェイスタオル、病衣

サービス品(入院セットお申込みの方は必要に応じて消耗品をご利用いただけます) ●BOXティッシュ ●ウェットティッシュ ●吸い飲み ●コップ ●ストローコップ ●ストロ一­●ボディソープ●リンスインシャンプー­­●コンディショナー●洗顔フォーム­●ウォーターローション­●ミルキーローション●ボディタオル­●ヘアブラシ­●ヘアゴム­●歯ブラシ­●歯磨き粉­●舌ブラシ­●口腔ケアブラシ­●口腔ケアジェル●糸ようじ­●綿棒­●洗口液­●うがい受け容器­●入歯ケース­●入歯洗浄ブラシ­●入歯洗浄剤(総・部分)●入歯安定剤­●食事用エプロン­●おしり拭き­●おしり洗浄剤­●使い捨てシート­●リハビリウェア(ご利用には条件 があります) 以上33点

●オムツAセット(650円/日額税込)、オムツBセット(300円/日額税込)

患者さんの状態やサイズに合わせて、必要なだけご利用いただけます。

パンツタイプ、テープタイプ、尿取りパット

申込方法など、詳細は担当者が対応致しますので、別紙リーフレットをご参照の上、 病院 1 階受付窓口までお問い合わせください。

閉じる

入院中の生活

面会

img13
  • ●面会時間
    月〜土曜日 午後­1­時〜午後­8­時
    日・祝祭日 午前10時〜午後­8­時
  • ●この時間帯でご都合の悪い方は、スタッフステーションにお申し出ください。
  • ●院内感染を防ぐため、小さなお子さまや風邪等体調不良の方の面会は  ご遠慮ください。
  • ●面会前に、うがい・手洗い・マスクの着用をお願いします。
  • ●食べ物の持ち込みは、ご遠慮ください。
  • ●その他、医師、看護師および関係職員の指示をお守りください。

食事

img14
  • ●当院は、管理栄養士によって管理された食事を適時、 適温(保温冷配膳車)で提供しております。また、食事は治療の一環として調理されております  ので、病院食以外の飲食はご遠慮ください。
  • ●飲酒は院内・院外を問わず厳禁です。
  • ●配膳時間
    朝­­食­…………­午前­8­時
    ­昼­­食­…………­正­午
    ­夕­­食­…………­午後­6­時

入浴

img15
  • ●病棟により、入浴日が決まっております。
  • ●病状により、入浴を控えていただくことがあります。

外出・外泊

img16
  • ●医師の許可なく、外出・外泊することはできません。
  • ●あらかじめスタッフステーションにお申し出ください。 医師の許可を受け、所定の届出書をご提出ください。
  • ●外出・外泊時また帰院時には、必ずスタッフステーションにお寄りください。

電話

img17
  • ●午前9時から午後8時までの間、お取り継ぎします。
  • ●携帯電話は各病棟の電話BOX内において、使用をお願いします。

歯科・理容

img18
  • ●歯科医は週1回、理容業者は週1回出張してまいりますので、ご希望の方はスタッフステーションにお申し込みください。

消灯時間

img19
  • ●午後9時に消灯します。消灯後は静かにお過ごしください。

病棟・病室移動

img20
  • ●病気の状態、または病院の事情によって、病棟・病室を変わっていただくことがございますので、ご協力ください。

災害時・緊急時の避難

img21
  • ●各階および各部屋の避難経路図を確認し、非常時にお備えください。 なお、避難にあたっては関係職員の指示に従った行動をお願いします。

その他

img22
  • ●当院は敷地内、病院内ともすべて禁煙となっておりますので、タバコやライターの持ち込みはしないでください。
  • ●入院中の自家用車の持ち込みはご遠慮ください(やむを得ない場合は、必ず外来看護師までお申し出ください)。
  • ●院内での宗教勧誘活動、政治活動および営業活動は、固くお断りします。
  • ●病院の施設および物品を破損された時は、その状況、事由によっては弁償していただくことがあります。
  • ●診断書、その他書類等のご希望は、東棟1階の受付窓口にお申し込みください。

院内施設

  • ■売­­­­­店

    東棟1階ロビーにあります。
    ­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­­営業時間 月〜金曜日­……午前9時〜午後5時30分­­­­
    土曜日…………­午前9時〜午後4時
    ­­­­­­­­­­­日・祝日­………午前10時〜午後4時

  • ■デイルーム

    各病棟にあります。気分転換、面会等にご利用ください。テレビを設置していますので、公衆マナーを守り、お楽しみください。

  • ■公 衆 電

    話 東棟1階、南棟1階および東3病棟、南2・3・4病棟にあります。

  • ■談 話 室

    東棟4階に談話室があります。

  • ■家 族 室­­

    東棟3階に家族室があります(ご利用の際は、スタッフステーションにお 申し出ください)。

  • ■テ レ ビ

    病室の床頭台にカード式テレビを設置していますので、ご利用ください。(1枚・971分<16時間18分>・1,000円)

  • ■冷 蔵 庫

    病室の床頭台に備え付けてあります。 (1日・100円)
    【※­テレビ・冷蔵庫は共通のカードでご利用になれます。 ­­­カードの自動販売機は、各デイルームにあります。 (1枚・1,000円〈税込〉) ※退院時等にカードに残金がある場合、東棟1階会計前自動販売機スペースの精算機で  残金をお返しします。尚、精算手数料が1回につき100円かかります。】

  • ■洗濯・乾燥室

    各病棟にランドリーを設置しています。 ­ 洗濯機、乾燥機は無料でご利用になれます。使用時間:午前6時〜午後8時

  • ■郵便ポスト

    東棟1階正面玄関横に設置していますので、ご利用ください。

看護

当院は基準看護を実施しておりますので、ご家族の付添いの心配はございません。 別紙、「施設基準について」をご覧ください。

医療相談

当院では、適切に医療を受け、安心して療養生活を送っていただけるように、医療ソーシ ャルワーカーが、保健・医療の現場における社会福祉の専門職として、患者さんやご家 族と一緒に考え、お力になれるようご相談を地域連携室にてお受けしております。 地域連携室は、南棟1階にございます。
       
  • ●­医療費の支払いや生活費等の経済的な心配がある。
  • ●­健康保険や年金、介護保険や社会福祉制度のサービスの内容および利用方法について知りたい。
  • ●­退院後の生活やその準備に不安や悩みがある。
  • ●­就職や仕事、学校生活に心配事がある。
  • ●­家庭や職場での人間関係に悩みがある。
  •  
  • ●­誰に相談したらよいかわからない。

秘密は厳守します。どうぞお気軽にお声をかけてください。

安心して入院生活を送っていただくために ~ 医療事故防止対策について ~

当院では、医療事故防止の一環として、患者さんにご協力をいただき、下記の対策を行 っております。ご不便やわずらわしさ、違和感を持たれることもあるかは思いますが、ご 協力をお願いします。
       
  • ●­­[患者さん誤認防止リストバンド­または­誤認防止用テープ]に氏名・生年月日・性別・診察券番号(ID)等を記入し、患者さん誤認防止として手首等に装着、または貼付させていただきます。
  • ●­­装着、または貼付につきましては、入院当日、看護スタッフが患者さん、またはご家族に記載の内容をご確認いただいた後、装着、または貼付します。

当院入院中に他院の外来を受診することについて

       
  • ●­­他院の外来へ通われていた方や、すでに薬を処方されている方は、入院時に必ず病棟看護師へお申し出ください。
  • ●­当院入院後は、他院への受診や薬をもらってくることも含めて、当院での医学的管理が主体となり、当院の主治医の判断が必要となります
  • ●­また、複数の病院の受診で、薬が重複する危険性もあり、当方で処方できる薬は当院で対応させていただいております。

なお、当院の主治医が、他院での受診が必要と判断した場合、

1.入院中であることを、当院からの説明文書で他院へお知らせが必要です。
2.当院の主治医の診療情報提供書が必要です。
3.他院で薬の処方があった際、処方を受ける院外薬局へ当院から説明文書が必要です。

以上の通り、諸手続きが必要ですので、必ず病棟看護師とご相談いただきますようお願いします。

お支払に関すること

       
  • ●­­請求書は毎月末で締め、翌月の10日に発行します。
  • ●­お支払いは、請求書発行から10日以内に東棟1階の会計窓口でお願いします。 ­なお­、クレジットカード(JCB、VISA、DC、マスター、アメックス)でのお支払い ­­­­もご利用いただけます。
  • ●­保険証は、入院費支払い時および退院時には、必ず会計窓口にご提示くださいますようお願いします。

退院が決まった方は……

  • ●­医師から退院の許可がでましたら、入院の費用を医事課から請求いたします。
  • ●­退院の際は、東棟1階の会計窓口にてご精算をお願いします。­各種クレジットカードのご利用ができます。
  • ●­清算時、保険証等を確認させていただきますので、ご持参くださいますようお願いします。
  • ●­患者さんには、入院費等を支払う義務がございます。また、義務を履行できない場合、連帯保証人に支払いの義務が生じます。

閉じる

その他

一般病棟(東3病棟)に入院される患者さんへ

包括評価(DPC)方式入院医療費を算定しております

●­包括評価(DPC)方式とは?

病気・病状をもとに手術や 処置などの内容に応じて 定められた1日当たりの 「包括(定額)金額」と「出来 高金額」を合計する方式です。

●包括~入院基本料、投薬・注射、検査・画像、処置
●出来高~手術、リハビリ、内視鏡など
【計算方法】(包括評価方式) 病名をもとに、診療内容に応じて定められた 一日当たりの費用が決められています。
※ 上記以外の食事療養費等は従来とおりです

【以下の患者さんについてはDPC対象外の出来高払いとなります】

  1. ① 労災、自賠責保険の適用
  2. ② 自費
  3. ③ 包括払いとなる病名に該当しない
  4. ④ 一般病棟以外に入院されている

【DPC請求について、精算方法のご注意】

・ 入院後病状の経過や治療の内容によって病名(診断群分類)が変更になった場合には、医療費が 変動することとなるため、退院時等に月末までの支払額との差額調整をおこなうことがあります。

例)4月20日に急性胃炎で入院し、月末に急性胃炎で請求後
⇒ 5月10日に胃潰瘍と病名確定した場合4月20日から4月末までの会計を胃潰瘍病名での DPC 計算方式での請求が発生し、すでに お支払されている会計について、再精算(追加申受け・返金)が発生する場合があります。ご理解 とご協力をお願いいたします。

【医療費の支払方法は変更ありません】

・月1回(月末)の定期請求及び退院時に請求させていただきます。
・請求日は翌月10日(但し、1月・5月は11日となり、他の月でも請求日が日曜・祝日の際は翌日となります。)
※患者さんの病気・治療内容によっては、この制度の対象にならず、今までどおり出来高払いとなる 場合もあります。
※入院中、患者さんのご希望による他院への受診はご遠慮いただくことがあります。ご了承下さい。

ご不明な点がございましたら、お気軽に受付窓口へお申し付け下さい

迷惑行為等により、 退院をお願いする場合がございます。

■ 強制退院について

当院では、以下のような迷惑行為等があった際、患者さん、 ご家族の意思に関わらず、強制的に退院していただく場合が ございます。 患者さん、ご家族、職員の安全を守り、診療を円滑に行うと共に、 最善の医療を提供するためにも、ご協力をお願いします。

  1. 1.­他の患者さんや職員に暴力(セクハラ等の行為を含む) を振るった場合、もしくはその恐れが強い場合
  2. 2.­暴言、威嚇、脅迫などの言動、または喧騒にわたる行為 により、職員の業務を妨げたり、他の患者さんに迷惑を かけた場合、および扇動的言葉、行動を行った場合
  3. 3.­­他の患者さんの医療機器、センサー、転倒・転落・異常 移動防止用具等の取り外し、設定変更等を行った場合
  4. 4.­不合理な要求を繰り返し行い、職員の業務を妨げた場合
  5. 5.­医療機器、建物設備、備品等を故意に汚損し、または破損した場合
  6. 6.­­覚醒剤などの禁制品やガソリンなどの危険な物品、タバコやライターを院内に持ち込んだ場合
  7. 7.­院内における窃盗、またはその未遂行為をした場合
  8. 8.「患者さんの義務」に従わず、診療に支障をきたした場合

必要に応じて、苫小牧警察署(電話35-0110)に連絡して、 対応を一任する場合がございます。病院長

閉じる

入院・リハビリテーションのご案内menu

病棟について

リハビリテーションについて

入院・退院の手続き

ページトップへ